やわらか過ぎる敷布団で就寝する障害

やわらか過ぎる敷布団で就寝すると、
重いお尻が沈み込みます。

 

その結果、腰が反ってしまい
当然のことながら腰に悪い影響をもたらしまいます。

 

ところが、障害となるのはそれだけではありません。

 

 

一枚物の素材や綿で出来ている敷布団だと、
沈み込んだ箇所に周辺の布団の素材も一緒に引っ張り込まれてしまいます。

 

結果として、沈み込んだお尻の下に、
さらに腰周辺の綿なども引き込まれて
より重みが増しさらに腰が反ってしまいます。

 

 

この状態は腰に限って言えば悪すぎです。
質の悪いブヨブヨのベットで横になると腰が痛く耐えきれないです。

やわらか過ぎる布団の最も障害となる要素は?

 

 

正直、このようなブヨブヨのベットで就寝するくらいなら、
薄っぺらい敷布団や直接床に寝る方がまだ利口かもしれません。

 

この「引っ張り込まれる状態」が
やわらか過ぎる布団の最も障害となる要素です。

 

 

だからと言って、お尻が一切沈み込まないという敷布団では、

 

自身の体重で背中がプレスされて血の巡りが低下し、
翌朝、腰が重くて深刻なコンディションになりかねません。

理想な敷布団はどんな条件なのか?

極論を言えば、フロアーに直接寝れば
お尻も背中も一切沈み込まないけども、

 

そうして寝た後の腰の状態は、
腰痛持ちならば十分想像がつくと思います。

 

一般的に言っても、その堅いフロアーと言う事になるので、
腰痛持ちでない人でもその辺の負担がかかる状態は想像できると思います。

 

 

「弾力性がある面」「硬さの面」の両要素を合体して
最良な敷布団もしくはマットレスという物は、

 

血の巡りを邪魔しない弾力感と、
お尻が落ち込みすぎない硬さのバランスが理想的に取れていて、
落ち込むお尻に腰が引きずり込まれない布団

 

理想な敷布団(マットレス)という事となります。

 

→ それを踏まえた理想の敷布団はこちら

関連ページ

睡眠中の敷布団やマットの重要な役目
敷布団の選ぶポイントとして上げられる体圧分散の機能。睡眠中における敷布団等の重要な役目として最近は最重要視されてきました。ここではどのような理由でその役目を期待されているのか解説しています。
薄手の敷布団を選んではいけない理由
よい睡眠を得られる敷布団は?体にいい敷布団はあるのか?ついてここでは、薄手の敷布団を選んではいけないダメな理由を解説しています。オススメの敷布団もご紹介。
敷布団が薄い。。。寝れないとお悩みの時に選ぶ敷布団
敷布団が薄いと寝れないと悩む方は多くいます。睡眠中でも背中の痛みで起きたり、朝まで寝れたとしても寝起き時のガチガチに固まった背中が痛くて起きられないとなっていませんか?そこで、敷布団を変える時に何に注意すればよいのか?をまとめてみました。