敷布団の素材で重要なポイントとは?

敷布団の材料と同時に考慮したいのがマットの強弱の具合です。

 

睡眠をとる体勢が悪いと眠りの質も粗悪になってしまいますので、
敷布団は寝心地をストレートに左右します。敷布団・マット選びの条件は3つあります。

 

1つ目は、心地よい硬さがあり、きちんと体を支持してくれること、

 

2つ目は、睡眠時に起きる現象「寝返り」を補助してくれてうちやすいこと、

 

3つ目は、通常立っている時の姿勢に近い姿勢を保てること

 

です。

 

よく耳にするかもしれませんが、
初めに、人間のウェイトの圧力は大まかに分けると

 

4つの部位(頭部・胸部・腰部・足部)に分かれ、
各部位が異なる重みをもっています。

購入してから後悔しても遅く体への負担の増大するかも?

だからこそやわらか過ぎるマットを利用した場合
頭に比較すると重い体の中心である背中が落ちてしまい
頭部と胸部に高低差が出てしまうことに。

 

もっと言うなら、腰部も重たいことから沈み込んで負荷がかかるため、
体にとって不自然なW字形の姿勢になってしまうのです。

 

こうなってしまうとさすがに、頚椎や腰椎への痛手が大きくなり、
朝起きた時に「体が痛い」「肩や首が痛い」「だるい」「疲れている」「睡眠をとった感じがしない」などといった
不快感につながってしまいます。

 

 

だからと言って硬過ぎる敷布団・マットを利用してしまうと血管がプレスされてしまい、
しびれたり、発汗が阻害されたり寝返りがうちにくくなったりしてしまい、
睡眠が妨げられてしまいます。

 

 

「朝一番に感じ良くスッキリ起きられない」という苦悩が
睡眠に対しての悩みの中でもぶっちぎりに多いのですが、

 

これは身体に合った正しい敷布団・マットを
使用していないことが要因として推察できます。

 

さらに、「寝返り」には体のゆがみを矯正したり、寝ている最中の温・湿度を緩和したり、
血の巡りを促したりといった就寝中の体を補助するための重要な役目があります。

体圧分散こそ一番気にして欲しいポイント

しかし、敷布団やマットが体に合致していないと
円滑に寝返れなくなってしまいますので、

 

やっぱり快眠を妨げてしまい睡眠の質がマイナスになりがちになります。

 

この3つの条件を克服するためには、
ほどよい弾力があり体をしっかりサポートしつつ体圧をうまく分散してくれるもの

 

なら言うことなしなので、

 

敷布団やマットへ座ったときにお尻が沈み込むものは論外です。

 

 

敷布団やマットは頻繁に新しくするものではないので、
金額を調査したうえでさまざま試して、

 

可能な限り自分のスタイルに合わせた快適に過ごせるもの
にこだわって選びましょう。

 

そして、それを実現してくれると評判なのが体圧分散に優れた雲のやすらぎと言う商品です。
是非、詳細確認して購入してみてはどうでしょうか。

関連ページ

薄手の敷布団を選んではいけない理由
よい睡眠を得られる敷布団は?体にいい敷布団はあるのか?ついてここでは、薄手の敷布団を選んではいけないダメな理由を解説しています。オススメの敷布団もご紹介。
やわらか過ぎる敷布団で寝るとどうなるのか?
やわらか過ぎる敷布団で睡眠をすると体はどうなるのか?を考察した内容を解説しています。腰が重くて深刻なコンディションになりかねない実態が予想されるので理想の敷布団を選ぶようにする為の解説もあります。
敷布団が薄い。。。寝れないとお悩みの時に選ぶ敷布団
敷布団が薄いと寝れないと悩む方は多くいます。睡眠中でも背中の痛みで起きたり、朝まで寝れたとしても寝起き時のガチガチに固まった背中が痛くて起きられないとなっていませんか?そこで、敷布団を変える時に何に注意すればよいのか?をまとめてみました。