寝起きを軽くしたいにはどういう敷布団を使う?

からだによい敷布団とはどういうものか?

 

安眠をリサーチして2,3カ月。
さまざまな敷布団の評価を見てきましたが、

 

ここで調査した詳細をまとめます。

 

 

その敷布団についていちばん関心を寄せる悩みどころが、

 

健康に理想的な寝具ってどういう物なのか?ということだと思います。

 

毎日疲れている中でも少しでも睡眠でその疲れを改善したい

 

次の日の寝起きを軽くしたい

 

という悩みを持っている時にはどういう敷布団を使うのが効果的なのか?

健康に良い敷布団を使いたいと注目するなら?

一生の内の3/1が眠りであると言われています。

 

日々の疲労をとる為に是が非でも必ず必要な睡眠だからこそ、
「健康に良い敷布団を使いたい」と注目しているはずだと思います。

 

 

そう考える時にまず、人間の体は背骨が大事と言われています。
ここに重圧がプラスされるかされないか?で健康面で全く変わってきます。

 

睡眠をとっている時のからだの状態と言うのは、立っている状態での背骨が最良と言われます。

 

 

なぜならば、背骨には多くの神経が通っています。
脊椎を損傷すると感覚を失うというのも、この背骨付近に神経が通っているからです。

 

そして、その最良と言うのは立っている時の緩いS字カーブが理想です。
したがって、横になっている時でもこの緩いS字カーブを保てることが理想です。

最良な背骨を維持してくれる物なら圧分散型の寝具がオススメ

そうは言っても、実際は寝ている最中というのはこの緩いS字カーブが安定を失っています
敷布団がやんわりだとくぼんでしまい仰向けに横たわっていると
お尻が落ち込みくの字になり腰へ重圧がかかったり

 

一方、堅い敷布団では反発がゼロの具合なので、緩いS字カーブの背骨はキープできますが
肩や腰へからだの重みが傾注し同じ箇所に集中するので、
長い時間睡眠していると痛くなり始めます。

 

腰痛

 

そのことを思案すると、身体に大丈夫な寝具と言うのは最良な背骨を維持してくれて、
適度に抵抗があるような寝具やそれぞれの荷重をバランスよく散らしてしてくれるような体圧分散型の寝具です。

 

人間は睡眠している時は、腰と胸へ大部分は重荷がかかっています。
特に上半身部分、この部分へ8割のウェイトがかかっています。

 

 

反作用の無い堅い敷布団だと8割が全てその肩や腰へ重荷になる訳です。
そのため、8割のウェイトを出来るだけ分散してくれるような敷布団を使用する事を推奨します。

雲のやすらぎの気持ちよさ

さらには、もっぱらバランスよくしてくれるだけでなく寝返りが確実にうてるような
適度な硬さも備えていると加えて効果的です。

 

それを考察するとこの「雲のやすらぎ」というマットレスは、
体圧分散について着実に製造されていて、加えて寝返りも打ちやすいと人々の人気は高いです。

 

 

身体に良い敷布団がお目当ての方は、
実際に調達して横になってみるとその気持ち良さを感じて頂けると言ってもいいでしょう。

 

矢印 体にいい敷布団を証明するこだわり