体にいい布団の基準をまずは明確にする理由

あなたが今、腰痛を持っている頭痛がする寝起きにいつも背中の痛みがある、と悩みがあるとしたらそれは敷布団のせいなのかもしれません。

 

そこで体にいい敷布団を探していると思いますが、最初にまず注意しなければいけない事は、

 

「体にいいというのは人それぞれの目的によっても変わる」

 

と言う事です。

 

どこに基準をおくかで、自分が体にいいな〜と感じるのは人によって様々です。
堅い敷布団だと日中に調子が良くなる、ぐっすり眠れる人もいれば、逆に痛くて寝れないと言う人もいるでしょう。あるいは、ある程度反発が無いと体の節々が痛くなって次の日寝れなくなると言う人もいるでしょう。

 

ですので、今、体にいい布団を探しているのだとすれば、あなたがどこに基準をおいて敷布団を探していくのか?を明確にすれば、おのずとあなたにあった敷布団が見つかるでしょう。

 

そうは言っても、その基準すら分からないという人もいるでしょうから、私なりに調査をしまずはどんな基準があるのか?をまとめました。口コミなども考慮したので是非、参考にして頂くと嬉しいです。

体にいいという基準を考えて敷布団を選ぶ

では、私が数ある敷布団を調べた結果、体にいい布団とされる基準は、

 

  1. 体本来の曲がりを考慮された敷布団
  2. → 正しい体の線にそって横になれて負担が少ない事

  3. 体が接地する箇所から体圧が分散された敷布団
  4. → 寝ている時の腰や肩への負荷が少なくて済む事

  5. 寝返りをし易い布団
  6. 長期間使っても機能が低下しない敷布団
  7. → へたれや凹みがしにくい

  8. 深い眠りへ心地よく入っていける敷布団

 

とりわけ、「体の線を維持出来たまま横になれる敷布団」は最も注目するべき点です。あなたが直立している時の背筋のまま横になっても違和感無い状態を保てるかどうかです。そして、この点とイコールになるのですが、

 

寝ている時の自分の重みを分散出来る機能がある事で、寝ている時にくぼみやすい腰・お尻部分への負担も軽くなりますし、逆に肩の部分も圧力分散することで均等に横になれる状況を作り出してくれる敷布団が、「体に良いとされる」のではないでしょうか。

 

そこで、上記基準を満たすような体にいい敷布団があるのか?
を探した所、こちらの雲のやすらぎがやっぱり良いなと言う結論に至りました。

 

雲のやすらぎ

やっぱり雲のやすらぎは安定感があった!?

なぜ、雲のやすらぎが体に良いのか?と言うと、

 

キャッチコピーにもある、「雲に浮いているかのような」と言う部分。
ここに秘密があって、まさに今私がお伝えした、

 

・体本来の曲がりを考慮された敷布団
・体が接地する箇所から体圧が分散された敷布団

 

ここに非常に力を入れて作られた敷布団だからです。
販売ページにも記載ありますが、腰・背中・お尻への負担を徹底的に研究し尽くされた敷布団です。
ですので、体圧分散構造としてはピカイチでその口コミも好評な事が分かります。

 

口コミも販売ページで確認できます。

雲のやすらぎ

 

このような高機能の敷布団を持ってしまっては手放す事が出来ない睡眠を過ごす事が出来ています。